• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原稿を書くまえに

  1. 2016/08/29(月) 16:24:13|
  2. ちょっぴりの思うこと
いつも、まっさらな、新しい原稿を書きはじめる前は、とっても緊張します。
自分でも、不思議。
物語の書き方は人それぞれでいろいろあるけれど、
小心者のわたしは、できる限り、万端の準備をしてから、着手します。
さあ、書きはじめるぞ。
その瞬間、祈るような気持になります。
それは長さにちょびっとは比例していて、長いものになる予定のものは、
なおさらですが、短くても、気持ちは同じみたいです。


どうぞ、原稿用紙のうえで、自分の気持ちが結実してくれますように。
主人公の思いを描き切るだけの力が、自分の中にきちんとありますように。

準備は足りてるか、思いは足りてるか、覚悟は足りてるか。
確認していく時間なのかもしれないです。
どれかが欠けても、書けないので(^▽^;)

はあ。緊張中。



スポンサーサイト

テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。