FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアの選曲ってむずかしい!

  1. 2015/11/18(水) 22:10:00|
  2. 音楽のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
久しぶりの音楽話。

夕方、ボランティア演奏、おわって帰ってきました。

毎年平均すると、年間10の本番がはいるので、1年間で歌う歌の予定を年頭にいつも組んでしまいます。
だいたい、40~45曲をしこみます。
今年の大いなる反省は、本番数の読みがあまかったこと。
10の予定で組んで、結局、3の臨時がはいりました。1月と8月をお休み月にしているので、
月2回やらなければいけない月が3回。これは、死にました(^_^;)

1年計画で楽譜も用意しつつ、練習もします。
なので、同じ季節に別の施設に行く場合には、その季節に歌う予定の歌をもっていく、
つまり同じ歌をちがう施設でも歌っています。

今回、私たちが用意した歌は、

*旅愁
*秋桜(山口百恵・歌)
*虹のかなたに(ミュージカル『オズの魔法使い』より)
*きよしこの夜
*大切なクリスマス(半分英語・踊りつき)
*ウィスキーがお好きでしょ?(CMソング)
*O Holy Night(アドルフ・アダン曲)
*上をむいて歩こう

でした。
MC含めて30分を2回公演します。(階が違うので集まる人が違うのです^^)

いつも、たいてい、どのジャンルからも均等に選曲して、
それでも、童謡・唱歌は多めに用意するのですが、今回は、クリスマスソングを含めて
いたので、童謡唱歌がへりました。
経験上、クリスマスソングって、ご高齢の方は、案外知らないので、
赤鼻のトナカイさんみたいな、子どもむけよりは、
あえて、真面目な讃美歌などをいれていきます。

今日、歌っていて、「もっと知っている曲やってください」
と、歌っている最中に言われました。
(この方は、このあいだも同じことをおっしゃったので、知ってるのってなんだろうと、気になります)
今回の組み合わせは、ほかの施設ですごく好評だったものを組み合わせています。
むむむむ。
選曲、ほんと、むずかしい。

たいてい、ほかの施設で好評だからといって、じゃあ、どこでも好評かというと、
そうとは限らないことが多いです。
お元気な人が多いところで、童謡唱歌ばかりだと、たいくつさせてしまうので、
ミュージカルや英語の歌を歌ったら、すごく楽しまれたり、
昭和歌謡ならどうだろうと、もっていっても、反応なかったりということもあります。

全員が確実に御存知で、歌える曲にしてしまうと、
施設の方と利用者さんがリハビリで歌っているのとかわらないのでは? と、思ったり。
わざわざハモリをするグループにお声がけいただいている以上は、
やっぱり、施設の人たちでは歌えない曲を提供する、というのも大切だと思うのです。
たぶん、スタッフさんもそこに期待してくださって、毎年何回もお声がけくださるのだと思うのですが。
全員が全員楽しんでくださるのはむずかしいですが、
それでもなるべくたくさんの方に楽しんでもらいたい。
だけれど、私たちも、歌を楽しみたい。

むずかしいです~!!

次回は、合計で1時間の演奏。用意している曲数は15。助っ人さんもお願いして……。
クリスマスの歌と春の歌も歌う予定です。


写真は記事とは関係ありません(^_^;)

ランチ

なんでいまさらですが、夏休みに軽井沢にいったときの、ランチ(^_^;)

そして、白糸の滝。

白糸の滝

おそまつ!




スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


<<ホラ――!!!! | BLOG TOP | 同人誌フェスタ終了! つぎの運営は…>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。