FC2ブログ
  • 2019_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_10

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


ピアノレッスン迷走記〈敗因は?〉

  1. 2010/05/29(土) 12:00:00|
  2. 音楽のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
まず小4の娘のピアノレッスン。

このあいだ、ぽんと、お月謝袋の新しいのをいただきました。
いまの先生について一年たったんだなあ……。
この先生、私のお友だちです。
一年前、今の先生に、娘が*マハの発表会で、片手で出る予定で、すごくがっかりしている、とか、
これ以上、ヤ*ハにいても、しょうがないな、と思って、新しい教室をさがそうと思う、
ということなどをお話しました。
「(当時)小3で、片手なんて!!」と、先生はかなり驚いて……
そして、その先生が自宅にきてくださることになり、1年。
あっというまでしたが、そのときに片手で弾いていた娘は(もちろん、ふだんの
練習では両手曲を弾いてはいましたが)、
いま、8月の発表会にむけて、練習中。

横浜の街角
↑横浜のお散歩で。山下公園近くの街角のカフェ


候補曲は2曲あって、ひとつは「かっこう」(ダカン作曲)←これはピアノをやっている人なら
けっこう知っている曲。早く弾くのが気に入ったらしい♪
もう1曲は現代曲。「え…!?」というびっくりするほどおとなびた、
そして、超絶技巧(←娘が聞くと、そう聞こえる・笑)じゃないけれど、先生が弾くのを聞くと……
「え? え? こんなん、弾けるわけないのでは……?」というイメージの曲。
それがそろそろ譜読みが終わるところで、そんなのを見ていると、
この1年、片手だった子がこれほどに成長したんだ、と思うと、
感慨深く、相変わらず、どんな魔法を使ったら、こうなるのかしらん、と感謝してしまうわけです。
娘は練習キライで、ちっとも弾かず、わざわざここまできてくださる先生に申し訳ないのですが。
で、ここ2ヶ月ほど、私のなかの目標として、毎日、欠かさずに確実に1時間弾くこと。
弾き損なったら、つぎの日にもちこしてそれでも必ず消化させる。

それが、勉強も何も座って10分ももたない、何もつづかない娘が、
「弾きなさいよ」と、声をかければ、一人で、譜読みをして、まがりなりにも
一人でこもって1時間弾くようになりました。
でも、娘のなかで、やっぱり何か? 思うところがあり、
不用意に誉めたりしない先生のなかに、何かを感じて弾いているのだと思います。

横浜散歩で。道を走る三輪車
↑横浜で。タイの街中を走る三輪車にそっくりで! 観光用?宣伝用?


さて、同時に私のレッスンもあります。私は2週間に一度です。

前回、前前回などは、なんとなく定期的に練習していたのですが、
今回は、ピアノに向かうのがなかなかむずかしく^^;
練習ムラがあるのです。
そんな事情も全部くんでくれての、レッスンです。

練習不足は明らかなのですが、練習中に私を悩ませたのが、
というか、敗因は、いままでのレッスンでいわれたことを
全部やろうとしたことかな、と。
もちろん言われたことが全部できれば、完璧
……(爆笑
んなはずもなく、できるわけないのですが、
やっているのがモーツァルトなので、ひとつの箱のなか、そして、そのつながり、1フレーズ、
そして、そのブロックのなかで、やることが山のようにあって、
混乱したわけです

そして、レッスンは録音していて、いちどは楽譜に書き落とすために聞き、
あとは、聞きながらもういちど弾いてみて、該当箇所を練習するということをするので、
意外に、全部覚えていたりして、これも敗因でした
どこに重きを置いていいのか、かえって、わからなくなってしまった

そして、もうひとつ。
「手は発展途上中」だったか「改造中」だったか。
古いレッスンで受けた妙な癖とか、筋肉とか、諸々を、徐々に強制してくれている途中という
ことなのですが、トリルの運指でいきづまり……。
じつは、この運指は、それに関係することをあとで知り……。

と、ということでグルグルしていたものの、私、それを言ってないと思ったのですが?
「ひとつのヴァリエーションのなかで、できること、やることをしぼって、
ここではこれができればよしとする、というふうに、練習してみたら」どうでしょうということを、
おっしゃるので、なるほど
よっぽど混乱していたのかな(苦笑)


ということで……。










スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


<<新宿のお散歩で花園饅頭 | BLOG TOP | ちいさな紫陽花の写真>>

comment

NoTitle

  1. 2010/05/31(月) 01:59:01 |
  2. URL |
  3. * まみり*
  4. [ 編集 ]
 娘さん
 すごく*上達したんですね
 すばらしい環境*と
 娘さんの熱意*
 いいなぁ
 うちの三人は
 小学校卒業とともに
 ピアノも卒業しました
 ざんねん*でした
 発表会では
 一人でひいたあと
 親子連弾もしました
 たのしかったわぁ

混乱

  1. 2010/05/31(月) 14:49:01 |
  2. URL |
  3. ソットボーチェ
  4. [ 編集 ]
レッスンのあとは私も混乱するので、なんだかすごく親近感あります。

レッスンの録音を聴いて楽譜に書きこむのもおんなじです。自分でも読めないほどいっぱいになります。この間先生に見られて「すごいですねえ」と言われて恥ずかしかったです。

今、書かれていることとちょっとずれていたらごめんなさい。でも、全部やろうとして混乱したこと自体は悪いことではないんじゃないかしら。。

最初からちんまりまとめることを考えるよりずっといいんじゃないかなあと思います。練習するということは混乱する時間を持つということでもあるような。

一応、まとめたものを勇気を持って手放して、再度作りなおしてみる作業。大人になるとたぶん習得能力が低くなるのでこれをかなり意識してやらないといけないのかなと最近感じます。

でもそれにも関らず私はレッスンの前に結局何一つ変わってないじゃないかといつも思うのです。手放すつもりのものも、まだ固く握りしめていたり。

そこで今回どれだけは優先して自分なりに完成してみせようと的をしぼることは必要なんでしょうね。

なかなかそこらへんの時間配分が難しいです。

コメント、ありがとうございます♪

  1. 2010/05/31(月) 23:01:01 |
  2. URL |
  3. 紫陽*花
  4. [ 編集 ]
*まみり*さま★:*:・°

>  娘さん
>  すごく*上達したんですね
★そう、みたいなんですよね。いつまでたってもちっとも、と思っていたら、
考えてみたら1年。あのときと比べたら、目覚しい進歩かもと、思って。

>  すばらしい環境*と
>  娘さんの熱意*
>  いいなぁ
★あ、私もいいなあ、と思います(笑)。私が子どものときに、
こういう環境だったら、あるいは、また人生かわったかもしれないし、
そうじゃないかもしれないし。でも、何より、楽しく厳しく、がいいです。

>  うちの三人は
>  小学校卒業とともに
>  ピアノも卒業しました
>  ざんねん*でした
★ああ、でも、たいていの方はそのようですよね。
うちの上の子もやっていたのですが、中学受験のために、6年になったときに
やめました。時折、息子はそれをちょっと残念に思っているようです。

>  発表会では
>  一人でひいたあと
>  親子連弾もしました
>  たのしかったわぁ
★親子連弾!! いいな~~~♪ 私も娘とぜひやりたいなあ……。
私がまだ娘より上手なうちに(笑)。だって……もう、たぶん遠くない将来に、
娘は私より上手になるし、なってもらわないと困る。
ママは下手だからやりたくない、なんていわれないうちに^^♪

Re: 混乱

  1. 2010/05/31(月) 23:27:58 |
  2. URL |
  3. 紫陽*花
  4. [ 編集 ]
ソットヴォーチェさま★:*:・°

> レッスンのあとは私も混乱するので、なんだかすごく親近感あります。
★あははは^^; すいません、変な仲間にひきずりこんで(笑)
>
> レッスンの録音を聴いて楽譜に書きこむのもおんなじです。自分でも読めないほどいっぱいになります。この間先生に見られて「すごいですねえ」と言われて恥ずかしかったです。
★それ、わかります(苦笑)あるときに「これでは、あとで自分が見てもわからない」という
ことに気づき、なるべく、聞き返すときにも、書き込みを少なくして、体で覚えるように
しないとだめだなあ、と思うようになりましたが……やっぱ、書きます^^;
>
> 今、書かれていることとちょっとずれていたらごめんなさい。でも、全部やろうとして混乱したこと自体は悪いことではないんじゃないかしら。。
★やれればよいのですが、それができるようなら、苦労はしないわけで、
当然できません。それで、なおさら、です^^;

> 最初からちんまりまとめることを考えるよりずっといいんじゃないかなあと思います。練習するということは混乱する時間を持つということでもあるような。
★なるほど……。私はこの混乱するのはキライじゃなくて。きっとソットヴォーチェさまも、
だと思うのですが♪
>
> 一応、まとめたものを勇気を持って手放して、再度作りなおしてみる作業。大人になるとたぶん習得能力が低くなるのでこれをかなり意識してやらないといけないのかなと最近感じます。
★う~ん、奥が深い。ただガチャガチャと弾くだけなら、要するに、いいかげんな意味での
テキトーならいけるのでしょうが、それがいやで、教えをお願いしているのですものね。
そのテキトーから脱却しないと……できないんだけど^^;

> でもそれにも関らず私はレッスンの前に結局何一つ変わってないじゃないかといつも思うのです。手放すつもりのものも、まだ固く握りしめていたり。
★あ、私、元々の下手さによけい拍車がかかったように思いました^^;
それと、自分ではそうやっている「つもり」というのも、じつは、何も変わってない、
というのも恐ろしいなあ、と。


> そこで今回どれだけは優先して自分なりに完成してみせようと的をしぼることは必要なんでしょうね。
>
> なかなかそこらへんの時間配分が難しいです。
★たしかに。ま、練習すればいいのです、私^^; でも、元気がないと、
なかなかピアノに向かえないのも事実で、気持ちのコントロールも含めて、
ピアノに向き合わないとなあ、と。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback