FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


示現会展に友人の絵を見にいきました

  1. 2015/04/20(月) 16:13:00|
  2. 家族や友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
ここのところ毎年うかがわせていただいています^^
このブログでリンクしている「ゆかしかりしかど」のみちこさんの絵を、
六本木新国立美術館に見に行きました。

彼女は、毎年(少なくても、私が見に行くようになってからはすべて)同じモチーフをアプローチを換えて、
描きつづけています。
でも、毎年足を運んでみると、同じように、毎年同じモチーフを出している画家さんが
少なくないのです。
あるいは、いつもバレエの少女のモデル違い、とか、いつもメリーゴーランドで場所を換えて、とか。
その理由はきっと人それぞれで、みちこさんにもみちこさんの理由があると思います。

今年の海辺の小屋は「曙光」というタイトルです。示現会展6

ご本人は今年の出来はいまひとつ、とブログでおっしゃってましたけど、
どこが悪いのか、さっぱりわかりません(^_^;)
すばらしい絵ですよね。
いつも上のほうに展示されていたのに、今年はとても低い位置にあったので、
真正面からゆっくり拝見することができました。
草の一本一本にまで心をくだいていて、小屋に近づくと、
細かいところが虹のようにきれいで、遠くから見たときに壊れた小屋に見えているというのが
とっても不思議~!

いつもと違うところ、といえば、この小屋の形状と、丘がとても高くなっている、というところでしょうか。
そこに曙の光がむこうからあたっている。
私が野暮の感想を言うなら、今年もすごいねえ、がんばったね!
ますます腕をあげてますよね、ということです^^


写真を転載されないように、絵の上から写真クレジットをいれました。
画家さんたちには申し訳ありません。

示現会展4


示現会展5


示現会展2




示現会展8





示現会展3



今年もみちこさんのおかげで、楽しい時間をすごさせていただきました。
今年の示現会展、東京での会期はおわっています。
順次、巡回展をやっていて、作品が各地をまわっています。
http://www.shigenkai.jp/exhibition/








テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>