FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


この夏、いろいろ①…「せみの羽化未満と太巻き」

  1. 2014/08/24(日) 20:04:35|
  2. 日々のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
この夏のいろいろです。

せみの羽化

息子が帰りに拾ってきてました。羽化する寸前のせみのさなぎ?幼虫?(調べたら、せみって幼虫からいきなり成虫になるらしいので、さなぎとは言わないようです)

うちの網戸には、いま抜け殻が3つ、くっついています^^

せみの羽化

でも、全部がきれいにとびたてたわけじゃなくて……
「これさ、下に転がってたんだ。弱ってて、壁にのぼれないみたい。もう無理かも」
そう言ってよろよろした一匹を網戸にくっつけました。

そうしたら、羽化がはじまりました。よかった、羽化できて!

羽化しながら、でも、羽根はちじれていて、どこでどうまちがっちゃたのか、その羽根がのびることはありません。

朝、見ると、その周辺にはいませんでしたので、一応、生きて、とびたったのかなって、ちょっと安心。
そしたら、ベランダの溝で、ひっくりかえっていました。
私は虫はほんとダメダメで……せみなんてマジでホントにダメなんですが……
「おまえ、死んでる? ほんとに死んじゃった?」と、
指でちょいちょいとしてみましたら、ギワギワギワ!!!と大騒ぎしてぐるぐるとまわり出す始末で
「ひゃ~~~~~~~~~~泣泣泣」

私がとびあがりました(^_^;)

外に放してあげたほうがいいかな。
でもまちがいなく、もう間もなく死にます。

何か、飲み物とか、エサとか……とにかくあげてみることに。
ベランダにかぶとむし用の止まり木があるので、ひとまずそれにつかまらせて、
(もちろん、本人の目の前に木を出して、つかまってもらいました)
穴には、こんちゅうゼリーを詰めました。

セミの食べ物って、たしか樹液だったはずだから、昆虫ゼリー、いけるかと思ったのですが、
見向きもしないでじっとつかまってます。
私もじっと彼(彼女?)を見ていると、なんだか、目が合っているような気がしてきました。
今まで、セミって、邪悪な顔をしてると思ってたのですが、よく見たら、つぶらな瞳で、
邪、なんてどこにもなくて。悲しそうに見えたのは、私の気持ちがそうだったからなのかな。
きれいなきれいな目をしていました。

用事があって、出かけて帰ってきたら、またいない。
そのかわりに盛大にありんこが集まっていて。
「しまった、ありにやられちゃったか!!」
と、思ったら、ありは、昆虫ゼリーに群がっていました。
「せみちゃん?」(ちゃん、ついてます)
いました。やっぱり、でも少し離れたところに、ひっくりかえって。

力つきて、風に運ばれちゃったようでした。
「やっぱり、死んじゃった?」
指でつんつんしたら、かすかに動きました。
おこして、木につかまらせましたが、間もなく、息絶えました。

子どもに、埋めてきてもらいました。

セミの命が短いとか、はかないとか、そんなことを今更言うつもりはなくて。
放してきてあげればよかったとか、そんなことも思ってなくて。
ただ、つぶらな瞳が、何を訴えるでもなく、ただ、悲しそうに見えて、
少し、落ち込みました。


太巻き

日時や順序はバラバラですが、実家に帰りました。
自分の実家で、母と太巻きを作りました。じつは、初太巻き作成なんです(^^ゞ
お恥ずかしながら、大好きなのに、作ったことありません。
と、少し前に母に言ったら
「そういえば! **(妹)ちゃんには教えてあげたのに、茜紫ちゃんには、教えてない!」

ということで、このたび、この年で! 母に初めて教わって、作りました。
9本作って、調理時間4時間!!!!

手間かかる~~~~
むずかしい~~~~

でもでもその甲斐がちゃんとあるほど、母の太巻きはおいしいのです。

「これで、ちゃんと教えたから。ママの味をちゃんと**(私の娘)にも伝えてあげてね」
なんて、遺言みたいなことを。しかも遺言が海苔巻き!?

「今度は私が作りにきてあげるね」と約束しました。

でも、まだまだ不細工です(^_^;)(^_^;)

太巻き

よく見ると、ごはんが均等でなく、いまにもはがれそうになっているのがあります。
それが私の初制作です(^_^;)










スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY