FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


おはなしエンジェル子ども創作コンクールが今年もまた!!【追記:フライヤー】

  1. 2014/07/03(木) 23:49:00|
  2. 創作の周辺と活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
チラシが到着しましたので、再アップします。
募集要項は下記を見てください!

img042.jpg

img043.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


早いなあ、もう一年たってしまいました。
今年もまた、日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、公文教育研究会共催で、
子どもたちの創作コンクールが行われます。

去年、はじめて審査と、授賞式に参加して、子どもたちとその作品から
大いに刺激を受けました。
ブログの友人、みちこさんのお子さんが金のエンジェル賞に輝くなど、
個人的にもとってもうれしい機会になりました。

以下は、日本児童文学者協会のHPから募集要項をはりつけました。
身近なお子さんたちにも、ぜひ! ご紹介いただけたらうれしいです。

DSCN7646.jpg


*******************

第15回おはなしエンジェル子ども創作コンクール


日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究会では、子どもたちに創作を通じて物語の楽しさを体験してもらえるよう、幼児から中学生までを対象に、「おはなしエンジェル 子ども創作コンクール」を実施することになりました。子どもたちの夢や思いを童話に!

たくさんの応募をお待ちしています。



応募資格と作品の長さ



(1) 幼児・小学生低学年(1~2年)の部 400字原稿用紙2~4枚以内。

(2) 小学生中高学年(3~6年)の部 400字原稿用紙3~6枚以内。

(3) 中学生の部 400字原稿用紙5~10枚以内。

(1)~(3)まで、詩・作文・日記は不可。自作・自筆に限ります。パソコン入力も可。ただし自分の入力に限ります。ワープロ、パソコン原稿は、A4判用紙に20字×20行で印字。)



募集期間と作品送付先など


●応募は2014年7月20日から9月10日まで(必着)。

●応募は一人一編まで。

●別紙に、住所・氏名(ペンネーム不可)・年齢および学年・電話番号(日中連絡の取れる番号)・作品タイトルを明記し(別紙は大人の記入可)、作品に添付。タイトルと氏名は、作品の最初にも記入。

●作品の返却には応じません。

●作品送付先は以下

<送付先>

〒108-8617 東京都港区高輪4-10-18京急第1ビル13F

くもん出版「子ども創作コンクール」係



賞と表彰



●最優秀おはなしエンジェル賞(各部)1編、金のエンジェル賞(各部)3編、銀のエンジェル賞(各部)5編。

●発表は11月上旬予定。主催団体のホームページにて。

● 最優秀おはなしエンジェル賞、および金のエンジェル賞作品には、正賞として盾と絵本画家による入選作品を素材にした描き下ろしのイラストが、銀のエンジェ ル賞作品には盾が贈られる。副賞として、最優秀おはなしエンジェル賞作品に図書カード1万円、金のエンジェル賞作品に図書カード5千円が贈られる。

●中学生の部の最優秀おはなしエンジェル賞受賞者は、日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会の機関誌が1年間無料で送られる。

●入選作品は、主催団体発行の機関誌やホームページ等に掲載予定。



選考



日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究所による厳正な審査の上、入賞作品を決定。



問い合わせ先



日本児童文学者協会 TEL.03-3268-0691

日本児童文芸家協会 http://www.jidoubungei.jp/

運営事務局(くもん出版) http://www.kumon.ne.jp/angel/index.html



主催:日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、公文教育研究会

協賛:くもん出版

後援:朝日学生新聞社・(一社)家の光協会・親子読書地域文庫全国連絡会・この本だいすきの会・産経新聞社・ (一財)出版文化産業振興財団・(公社)全国学校図書館協議会・日本子どもの本研究会・ 日本書店商業組合連合会・(公社)日本図書館協会・毎日新聞社・読売新聞社



著作権



入選作品の出版及び二次的使用については、発表より2年間、協賛者が優先権を保有します。

尚、最優秀おはなしエンジェル賞・金のエンジェル賞の中から、絵本化にふさわしい作品については、協賛者・くもん出版より出版される。



個人情報の取り扱いについて



応募者の個人情報は、受賞者への連絡、応募者への作品集送付など、本賞に関わる目的のみに利用します。

2014/06/18



スポンサーサイト



テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY