FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


集団的自衛権閣議決定反対!

  1. 2014/07/01(火) 08:08:00|
  2. ちょっぴりの思うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
今日はまさに、日本の歴史に、また、ひとつ、黒い影をおとす日になりそうだ。

集団的自衛権が閣議決定されようとしている。

どんなに大規模なデモが行われようと、

どんなにネット上で、反対の声があげられようと、

有識者が会議を開き、声明が発表されようと、

何よりも、

子どもたちに平和な未来を約束できなくなったことを国民がなげこうと、

そんなことは、完全に無視して、たった一人の総理大臣が強引に強権を発動している。

今日をあたりまえの日としてむかえ、そんなことがあることなんて、他人事としてしか感じない人もいるかもしれない。

でも、私は一人の母親として、児童文学に携わる者として、

何も言わないでこのまま知らんぷりすることは、自分を許せなくなる。

そんなこといったって、そういうことは、国のえらい人が決めることでしょう?

ええ、そうかもしれません。

でも、母親であるあなたは、子どもの生を国にさしだす覚悟なんてないでしょう?

私にはありません。

自分の子どもは、そして、すべての子どもたちは、未来への宝です。

平和に生きる権利があるはずです。それを、守れなかった。

無力という言葉が、これほど重く響く日はないかもしれません。

それでも、反対だと。

声にだしていたいと私は思うのです。

私は戦地に子どもを送り出すために、子どもを育てたのではありませんから。

スポンサーサイト



テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY