FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


友人の声楽の演奏会に行きました!

  1. 2013/07/17(水) 12:59:00|
  2. 音楽のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
先日、友人の声楽の発表会に行きました。

友人のIさんは、私と同じ、児童文学の方で、詩人さん。
ひょんなことで、知り合って、じつは、趣味がそっくり同じ!!
と知って、すごくびっくり、感激したのです。

それが、歌でした。
歌がお好きでずっとやっていて、地元の合唱団でも歌っていらして、
声楽も習われていて。

うちの合唱団は、合唱、というほど立派なものではなくて、
(どちらかというと、歌を歌っているサークル)
同じ~!! というのは、ちょっとおこがましいのですが(^_^;)

ということで、Iさんとは、歌好き仲間のご縁までいただいて、
声楽のお教室主催の発表会に出演なさるということで、いそいそとでかけました^^

会場



うちのカルチャーの発表会とは違って、人数もたくさんいらして、
ソロだけでなくて、二重唱や、オペラの一場面の男女ふたりの絡み、
歌を習っている小さい生徒さんたちの歌や、
合唱団まで!! バラエティに富んでいて、とっても楽しいものでした。

Iさんが歌われたのは、ソロ1曲と、二重唱を二曲、それから合唱。

彼女の歌を聞いて、もう、新鮮な驚きでした。
彼女はメゾソプラノさんなんですが、こんなに響く、いいお声のメゾは
聞いたことがない!!!
私は、声フェチ(音フェチ)というのか(^_^;) いい声、いい音を出す人が大好きなんです。
その音そのものの基準はとくにあるわけではないのですが、
基本、上手なのが絶対条件で(^_^;)
惚れた声の持ち主は何人かいるのですが、
まちがいなく、彼女もその一人です。

床全体から声があがってきて、天井でまろやかに響きわたるみたいな。
声量があるといえば、それまでなのですが、
声量がある=響く、では決してなくて(説明しようがない(^_^;))、
また、うんと高い音を歌えば、それはそれだけで、目立つわけですが、
彼女はメゾなので、高い音では決してなく。
それで、この響き、声の質、ほんとうに、すばらしい!

二重唱



一般的に合唱を聞いていると、ソプラノの実力というのは、それほど、差がない同士でも、
メゾ、アルトがお上手なところは、おそろしく上手に聞こえます。
また、メゾアルトが上手なところは少ないのです。

それと同じことが、彼女にもいえて、二重唱も、すばらしかった。



彼女の先生が、カルメンのハバネラを歌っていたのですが、
たいへんな美人、お若くて、声も迫力があってすばらしく、彼女と同じメゾさんでした。
なるほど!!!!!


彼女と一緒にいつかどこかで歌いたいなあ、って私が足をひっぱりそうな
実力差がありそうだけど(^_^;)
それでも、きっと楽しいだろうなあ~~~~♪♪♪←自分勝手(^^ゞ


演奏会全体で、私も次はこれ歌いたいなあ、とか、ちょっと楽譜探してみようかしら、と
思いながら聞いているのも、とても楽しくて^^
はじめられたばかりなのかな、って思われるような方も、
すごく一生懸命に、にこやかに歌っていて、そういうのも感動だったし、
みなさんドレスがものすごく華やかで、とってもすてき!!
楽しい楽しい、演奏会でした。


hanataba.jpg
↑これはさしあげた花束ですが、見えないのが残念、真っ白な手鞠紫陽花がはいっていて、
これが自分的にお気に入り。Iさんの所属する同人会の名前にぴったりなんです^^

スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY