FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


【い】 イクラになり損なったイチジク

  1. 2012/10/16(火) 01:29:00|
  2. ちょっぴりの思うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
お題を決めるということの弊害が、早くも露呈しました(^_^;)

私は今日、漠然と「次は『い』だな」と、思って歩いていました。

秋ですねえ……いいお天気。「いい」う~~ん。漠然としていて、書けない(^_^;)
「いのちの歌」って、アンサンブルで歌っている歌ですが、
これで書くのって、きびしいし。

と、買い物に行きがてら、つらつら考えていて、
「そうだ!!!」
とある、ものを買いに行きました。

私の大好物、旬のもので、手作りすると、お得な赤いもの。
あるかな~~

私の頭の中は、それをぷちぷちとほぐして、つやつや、ぷりぷりしたものを写真に撮ることで
ほくほくとしていました。

そしたら、100グラムで698円……

が~~~~~~~~~ん

去年は100グラム398円で出てたのに……

鮭さん、今年は、きてくれなかったんでしょうか??

大好きなイクラ、食べそこないました。

最初から「い」って考えているから、ネタ探しになってしまった。
なんか、本末転倒な気がする……。
(って、それさえ、よく考えたら、大げさですね(^^ゞ)


さて、冷蔵庫には、いちじく。

これも大好きで、秋には、必ず買います。

昨日の銀杏と同じような、思い出もありますよ♪

大好きな祖母の家に、いちじくの木がありました。
たいして大きくない木で、祖父が、木に登っていちじくをもいでくれるのですが、
そのうち、勝手に上って、もいで食べ、もいで食べしていました。

幼いころはすごく大きく感じていた祖母の家の庭。

祖父が亡くなったあと、大学生になった私は、一年半ほど、その祖母の家に
住んでいたこともあります。要するに、下宿です。
ハイカラな祖母だったので、私のために、オムライスやカレーライス、
とんかつやそのほか、洋風のものをなんでも作ってくれました。

友達のことも、学校のことも、なんでも相談していました。

数年前に亡くなった祖母の家は、残念なことに、
もう訪れることはできなくなりました。
遺産相続争い、というのでしょうか、うちは争ってないんですけれど、
勝手に争う人たちというのは、いるもので。
もう、敷地に入れないのです。


もし、祖母の家で、木登りして、食べてなかったら、
いちじくを、好きだったかどうか、わかりません。

ものを食べるとき。
ものを見るとき。
香をかぐとき。

私はどうしても、その物を通して、違うものを見てしまうときがあります。


いちじくに手がのびる時。
私は今でも、祖母の家の思い出を食べている気がします。


いちじく

無花果と書くいちじくの実をぱっくり割る時。
なんともいえない、わくわく感が瞬間、訪れます。












スポンサーサイト



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY