FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


○○前の最後の××(ひどいタイトル(^_^;))

  1. 2012/05/17(木) 08:40:00|
  2. 創作の周辺と活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
タイトル意味深だけど……
なんてことはないです(^_^;)←私の考えることなので

同人誌締切前の、最後の合評会

最後とあって、作品数も多く、熱も入り、終わったらぐったり
みんな、真剣そのもの。
人生で、損得関係なしにガチで討論できる機会があるかっていったら
きっとそんなには多くないだろうと思うと、
やっぱり貴重な時間を共にしているのだと実感する。

私たちの同人会では会則も存在するし、
合評の際のルールも決めている。
作品を向上させ、一定のレベル以上のものを
キープしようというのがそのねらい。

その合評に際しては、代表としては、思うところは山のようにある。
要するに、私の役割としては、
全員の作品のレベルをあげていかなければいけないし、
誰にとっても、得るところがあってほしい。
また、個々のレベル差も当然あるし、志向もある。
得意もあれば、不得意もある。
そんな中で、何を同人誌に入れてほしいかといったら、
題材として珍しいものや長い短い、いろいろあるかもしれないけれど……
自分が好きな作品であってほしい。
作ったからいれるのではなく、
どうしてもこの作品を人に読んでほしい。
そういうふうに考えられるものであってほしいと思う。

個人的には、同人誌に入れるにしては、
長すぎるものを出しているので、
ほんとうにメンバーには感謝している。
これを出すだけで大変申し訳ない気がしていたのだけれど、
メンバーの力量も、同時に見た思いがして、
そういう意味でもうれしかった。

この同人誌は、今年秋発行の予定で、
これから編集作業に入っていく。

黄色い花(って誰が見てもわかるけど…)


発表会前の、最後の声楽レッスン

5月に入って、やっと声の調子も戻って
なんとか、発表会前に大きく崩さなくてすんだ。
友人たちが、歌の応援にきてくれるって、はじめてのこと。
かなり照れくさくて、うれしい
この友人たち、みんな、私の声のひどいときのことを
よくわかってくれているのが、ほんとうにありがたくて。
発表会までに、声をくずしてはいけないと、
あらゆるところで、フォローしてくれたし、
気にかけてくれて、はっきりいって、無事に出られるのは
彼女たちのおかげ(うるうる)

最後の声楽レッスンでも、先生もそればっかり(うるうる)
とにかく間に合ってよかったねえ、という。
この先生の辛抱強さと、あっけらかんとして
たいして気にしないでいてくださるところが、私にはほんとうに
ありがたくて。

そうはいっても、指摘は最後まで容赦なく(^^ゞ
どうも歌いづらいんだけどなあ、と
思っていた箇所も今回は直していただいて、
そうすると不思議に、するっといく。
けど!!
「できるんじゃないの」
「いや、先生、瞬間芸……だと思うんですけど(^^ゞ」
う~~ん(苦笑)
ほんと、瞬間芸かもしれないので、
本番でできるかどうかは別なんだけど。
何しろ、
「この、同じフレーズで、出るところが、全部同じ「エ」から出るの
覚えられなくて」
「そりゃあ、そういう歌は韻をふんで作るから、わざとなのよ」
ということで、あまりあれこれ考えながら歌うと、暗譜がとぶ(^_^;)
「家でこれ以上練習しなくていいからね!」
と、先生。ありがいことです<(_ _)>

瞬間芸をお聞かせするのは恐縮ですが、
(って、瞬間でもできればいいのだけれど)
習いはじめて3回目の発表会、がんばります^^



スポンサーサイト



テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY