FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


youtubeで坂本龍一さんの生放送

  1. 2011/12/28(水) 00:40:00|
  2. 音楽のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
6時半からインタビュー。7時から演奏がはじまります!!
ライブ映像です。
「東日本大震災の被災地の幼稚園・小・中・高校に対し、楽器関連の復興支援を行うため、プロジェクト「こどもの音楽再生基金 School Music Revival」を発足し、楽器業界として全国楽器協会に復興支援基金を設立。

学校楽器備品の点検、補修、修理支援と、それに付随した被災地での音楽活動支援により、未来あるこどもたちに音楽と楽器の力で笑顔を届けることを目的として活動しています。」


以下、追記です。






楽器が全部ダメになって、それに心を痛めた坂本さんが立ち上げたプロジェクトです。
http://www.schoolmusicrevival.org/

今日の映像はこのプロジェクト初の試み、坂本さんのチャリティピアノソロライブを、
you tubeで生放送するというもの。

http://www.schoolmusicrevival.org/share/SMR_111221_PTP.pdf

30分間のインタビュー映像がまず流れました。
被災地の2つの学校と、東京をつないで、ネットを通じて、
セッション。
すごい!! こんなことできるんだ。

そして、そのあと、ピアノライブが始まりました。
このピアノの動きを、遠い被災地のピアノに伝え、
自動演奏しているピアノを公開したり、映画館にライブを同時配信したり……

さすがというかすばらしいというか、ここまでのことができるようになったのは
彼だからこそ。
基金に集められた募金は、被災地の学校へ楽器を支援するために使われます。
すでに、ほとんどの学校での、楽器の被害状況の調査は終わったそうです。
なんと多くの楽器が犠牲になったのか!!!

音楽をやる子にとって、楽器がないって、ほんとにつらい。
明日も放映されますので、どうぞ、ぜひごらんになってみてください^^


そういえば……しばらく考えていて、結局やめたことがあるのですが……
じつは、うちの? 協会でも(リンク先のいちばん上にHPのURLあります♪)
被災地のための活動を行っていたのです。
それは、協会員へ、「自著の寄付を」というもので、
ひとり5冊、自著限定で、被災地へ贈るというプロジェクトでした。
音楽がないのもつらいし、本がないのもつらい。
協会員への呼びかけだったので、当然、私もお知らせを受けて、考えました。
協会主催なので、多数の本が集まったことかと思いますが。

音楽のために、私が寄付(しましたけど)するより、
本を寄付するほうが、私にとっては微力であっても、リアルであったはず。

でも、やめました……。

なぜやめたのかは、ここでは書けませんが。


いつか、そういったこともを超えられるようになりたいと、
ちっぽけな自分を反省しました。

スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY