FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


春のおめでとう!うたの花束の香り

  1. 2011/04/17(日) 16:25:38|
  2. 家族や友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
DSCN0920.jpg
息子の入学式がありました。って、もう、二週間くらい前になりますね^^;
学校は中高一貫なので、持ち上がっただけなのですが、
それでも、クラスの半分以上は外部進学の生徒たち。
それなりに、毎日、緊張しているようです。

↑画像は、入学式当日の、部活勧誘&歓迎のパフォーマンス

DSCN0924.jpg
↑桜坂と呼ばれる学校内坂道

入学式
中学校のときの4クラスの担任のうち、3人が一緒に高校にもちあがってくれました♪
よかった♪ お母さんたちからも、ちょっと安心した声も聞こえ。


さてさて別の日のことです

ちょうど桜が満開で、春いっぱいで、お日様も明るくて、
私はとってもうれしくて、という舞台のこと。

女声合唱愛唱歌集「うたのブーケ」出版記念
スペシャルコンサートがありました。
この編集に携わった指揮者の、あるいは全国でも屈指の合唱団5団体が
それぞれのレパートリーと、
この楽譜から全曲を演奏してくれるという歌声のコンサート。

ここに、私の友人が参加していました♪♪
友人の参加する団の指揮者は、このコンサートの実行委員長で
指揮者先生は、いくつもの団体を指導しているのですが、
この日、彼女の参加する団が参加してくれて(すごい!)
私ははじめて、彼女の活躍ぶりを、目にすることができました。

彼女がこの合唱団に参加するようになったいきさつ、
練習の様子、などなどなどを、知っていて、
もう、本当に、いろいろなことをがんばっているのを知っています。
その中からひとつひとつ紡いできた歌声なので、
会場にいる私の感慨もひとしお。

音楽って、ほんとうにひとえに先生次第なんだなあ、って
それぞれの団の声を聞いていて、ひしひしと感じました。
それぞれが個性的で、
まったく違うカラーで、非常に多彩。(このあたりは、ほんと、先生の色♪)
だから、おもしろいのでしょうね。

ちょうど同じ日にとった、しだれ桜。
しだれ桜2

しだれ桜って、彼女のイメージにぴったりで♪
たおやかで、こいピンクのかわいらしい花で、
ソメイヨシノのように、すぐに散らずに、雨風にも負けないで、
そんな風なんてたいしたことないわ~♪って
そよいでいるような。

客席で聞いていて、私には彼女の声が聞こえていました。
もちろん合唱なので、いつでも聞こえているわけではないのですが、
それでも、一定の高音域に入ると、独特の、はりのある、
彼女の声を、ちゃんと聞き分けることができたわ!!
地元の合唱サークルで、もう、何年も一緒に歌っているからね~^^


震災後、ほんとうに関係者はこの舞台を開催するかどうかを
逡巡しながら、でも、被災地への思いを歌に託して、
開催することを決めた、とのこと。

こういう晴れやかな舞台で、楽しそうに歌っている友人を見ながら、
私も晴れ晴れとした気分になって、
また、その歌声のなかに、こめられた、みなさんの祈りの気持ちをかみしめながら
なんだか私も、歌声から元気をわけてもらいました。

しだれ桜1

ほんとうに歌のブーケだったよ!!
ありがとう!!!
また、聞きに行かせてね

スポンサーサイト



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY