FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


届かなかった手紙〈小さな創作をあなたへ〉

  1. 2011/04/02(土) 08:50:00|
  2. 小さな創作をあなたに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

届かなかった手紙



この手紙が あのひとにとどくのかどうか
とても心配です。
だって、
もしかしたら、手紙が配達されたとき
ポストが こわれているかもしれない。

その手紙を とどけるはずの 郵便やさんが
かぜを ひいているかもしれない。

手紙の あて名が まちがっていて
ちがうおうちに 行ってしまうかも。

切手を はりわすれてしまうかもしれない。

切手は さかさまにはっても とどくけど、
あて名と さし出人を さかさまにしたら、
うちに もどってきてしまうかも!

いいえ、

はこんでいる とちゅうで、
まちがえて ひこうきにのせられて、
外国に 行っちゃうかもしれないし、

れっしゃに のせられて、
銀河まで たびに出てしまったら、
今度こそ とどかないわ!


私は、そんなことが 心配で、
手紙が 出せないでいます。

だれか、私に ほんのちょっとの 勇気を!

そうして、おろおろと、
ずいぶん長いこと 手紙が出せないでいたのです。




「郵便です、
メッセージを おとどけにきました。

ちょうど、バラの実のお茶を いれたところなんですが……
お茶を ご一緒に いかがですか?」

しかたがないので、自分で メッセージを つたえに行きました。

おとなりに ひっこしてきたばかりの、野ネズミの女の子は
にっこり笑うと、

心配性の うさぎの私に こういいました。


「ありがとう、よろこんで♪

ちょうど私も、どんぐりの クッキーをやいたので
お手紙を 出そうとしてた ところなんですよ」



Text by Yuki-Shimeno


スポンサーサイト



テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY