FC2ブログ

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


審査……なのか?? (音楽物語とピアノ)

  1. 2010/12/04(土) 00:45:00|
  2. 音楽のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
テンプレートをクリスマスバージョンにしました♪ 
そのくせして……写真は、相変わらず、紅葉の写真がつづきます^^;
このアンバランスさ、しばらく、おつきあいのほどを♪

伊豆山神社800段の階段


まず、娘のピアノ模様から♪

ピアノを習っている人なら、ほとんどの方が通るテキストがあります。
「ハノン」というのですが、これは指の練習のためのエチュードになります。
ドミファソラソファミ  レファソラシラソファ……と、
1番は二番目の音を一個とばして音階をひいていきます。

ピアノのN先生には、家庭教師にきていただいているわけですが
(って、別に伏字にしなくてもいいんだけど^^;)
「ママ~!!」とよばれて部屋にのぞきにいくと、
このハノンを娘が弾いてる!!

うわ~~~ハノンを弾けるようになったんだ……。
信じられん……。

あとで「見て、感動してたでしょ・笑」と音夢鈴先生。
ばれてるし^^;

いや~~~……。お兄ちゃんのときに、彼は6年生になる前に、ピアノをやめてしまったんだけど、
その彼は、その時点で、「ハノン」がうまく弾けずに、ハノンはやらせてもらえなかった。
(ヤマ*のグループレッスンを4年生いっぱいまで受けていて、個人にうつった)

「ママのテキストがあればそれを使ってもいいので」
と、いわれ、それの最初のほうをみると、
シールがはってある!! 私の小学校のときのもの。
「うわ~恥ずかしい^^;」
(しかも、ハノンはいまだに繰り返し使っている現役なので、娘にはあげられない)

そうかそうか……こんな歳、レベルになったのかあ……
言うまでもないけど、私より確実に早い!

今日弾いているのを聞いたら、びっくりなのは、まともに弾いていることで。
一年半前は片手だった子なのに(うるうる)。
しかも、左右、ずらしたスタート、スタッカートで、をいきなり弾いている!!
(これは、文字で書くより、実際はむずかしいのです)

いずれ、早い将来、「ママに教えてあげてもいいけどね」とか
いわれそうだわ~~♪←ママはちょっとうれしい♪

絶対にふつうに練習していては、ここまでこの速さで到達できないよなあ……
いったいどんな魔法を使ったのか。

その娘は最近、前は絶対言わなかった「ピアノが好き」と言うようになった。
将来、なりたい職業ベスト3のなかに、ピアノを弾く人、という項目が追加された。
(もっとも、新しい曲の譜読みをはじめると、またランクが下がるかもしれないけど^^;)

何をやるのも遅くて、一生懸命じゃなくて、何もやる気がなさそうで、
はっきりいって冴えない娘なのだけれど。
ピアノだけは、同じ子とは思えないなあ、と。

先日「娘さあ、それって、先生がいったことが反映されてないよね。
先生のレッスン無視して、勝手に弾くなら先生いらないじゃん、勝手にすれば?」
といったら、「……じつは、先生にも同じこといわれちゃった……」
と、そこからは、なんだか気をつけている様子。

クリスマス、うまくいくといいねえ……
はい、私も、ですが。


そして、音楽物語、音夢鈴さんいわく「審査の日だから」だそうで。






 

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY