• 2017_01
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>
  • 2017_03

たゆたふやうに…童話の裏庭

児童文学を書いています♪ このブログではさもない日常のこと、たまに創作周辺のお知らせなどをいれています。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいへん遅くなってしまいましたが💦 おめでとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

  1. 2017/01/13(金) 19:06:55|
  2. 創作の周辺と活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
新年をむかえて、だいぶたってしまいました。
今年も、細々と、ブログを書いていこうかと思っていますので、
たまに、お立ち寄りくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

例年、一年間のまとめと、展望などというものを、書いていたのですが、
今年は、書きそこないました。

回顧もできなければ、展望もしにくいという……。
年々、書きにくい感じになってますが(^-^;

今年の仕事はじめ、文字通りの書き初めは、1月3日からでした。
お正月は、例年、両方の実家に出かけます。帰ってきたのが3日。
13日の今日に、ひとつ、改稿のしめきりがあって、昨日、無事に完了しました^^


もうちょっとしたら、これは、お知らせできます💛

今年もがんばります(^.^)/~~~








スポンサーサイト

テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


冬の課題図書、いただきました

  1. 2016/12/11(日) 01:18:04|
  2. 創作の周辺と活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
fbの投稿欄が変です💦
なにをいれても、重なっていれかわって、とっても変な人になってしまって、
投稿ができません。
何人かいらっしゃるようです。直らないのかなあ。

****************

冬にも課題図書というものがあるなんて、

お恥ずかしながら、知りませんでした(^^;

夏の千葉県にひきつづき、茨城県の冬の課題図書になりました。中学生です。

冬休みは、期間は短いけれど、本を読む環境としては、

夏より適している気がします^^

推薦してくださった関係者の方々、ほんとうにありがとうございました。

わたしも、この冬、大切な人から贈っていただいた1冊を、

読破したいと思います。

拙著、色がうすくて、もはや、背景と同化してます↓

冬の課題図書


尊敬する方々のご本とご一緒させていたけて、とても光栄です。
そして、同じ中学生枠に、亡き先生のご本が!!
つい、泣きそうになりました。
二度とはない、機会です。ほんとうに深く深く感謝申し上げます。
このチラシが一生の宝物になりました。

美雨ひとりにがんばってもらっていないで、わたしもがんばります。

今夜は、ご近所の牡蠣小屋で🎶

牡蠣






テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


娘の文化祭に行きました^^

  1. 2016/11/05(土) 23:20:00|
  2. 家族や友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
娘(高校生)の文化祭に行きました~^^
ステージ発表があったので、もちろん、それを楽しみにしていました。
娘の話題はなかなか、ブログにもfbにも登場しないので、
ブログでこっそりしゃべることに(^_-)-☆

中学一年のときからずっと続けている部活の発表会があったのですが、
毎年のことながら、ステージを見つめているうちに、娘含めて、みんな、すごいがんばったんだなあ、と思って
感動して、うるうるします。

子どもたちの成長って、やばいほどに、著しく、おとなにはとうていできないようなことを
やってみせてくれる。
わたしは、娘の親だから、当然、娘の姿をおっているわけだけれど、
少しひいてみると、娘とともに歩んできた仲間たちが、ともに成長している。
本人たちはまったく気づいてないけど、その成長を求める姿が、まさに青春のど真ん中で、
得難い、短いあいだの貴重な時間であることを、ひしひしと感じさせてくれます。
いいなあ。
いつまでもこの中にはいられないけれど。
(もちろん、つらいこともあるしね。いいことばかりとは限らない☆)
はるか遠くに見える光って、おとなと、子どもとでは、景色がまったく違うものだな、と
思いました。
児童文学を書く身としては、おとながなつかしく見る過去のキラキラした景色とともに、
子どもが未来に夢見る輝きも、同時に見ていたいな、としみじみしました。

いっしょに見に行ってくれた友人に、めちゃめちゃ感謝💜




さて、写真は、たまたま入った華道部の展示。


華道部


娘のステージ写真は、ネット上にアップすることが禁じられています。
ということで、校内で撮った娘のステージ用の髪型^^
コーンローといいます。

髪型


もう一枚は、まったく関係ありません。

同人誌の新しい号を編集してます。
わたしは、今回の号から、編集をはずれたのですが、イラスト関係のデザインなどなどをします。
イラストさんと打ち合わせ中。おいしいコーヒーを飲みました♪


打ち合わせ中




テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


「児童文学ぞろ目の日! タイムス」に、自作紹介書きました!

  1. 2016/09/10(土) 14:21:11|
  2. 創作の周辺と活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
いつもなんだか、お知らせのあるときだけブログにいれていて、
ちょっと申し訳ない感じなんですが💦

友人の絵本作家で詩人さんの、Hさんがやっていらっしゃる企画、
「ぞろタイ!」

毎月ゾロ目の日に、「紹介者」が好きな児童文学を紹介していく、というもので、
そのなかで「自作を語る」コーナーがあります。
そこに、拙著の紹介を書かせていただいきました。

ちょっと長文ですが、お時間のある方はぜひ!

http://zorotai.honmachihiro.com/?eid=103

テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


原稿を書くまえに

  1. 2016/08/29(月) 16:24:13|
  2. ちょっぴりの思うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
いつも、まっさらな、新しい原稿を書きはじめる前は、とっても緊張します。
自分でも、不思議。
物語の書き方は人それぞれでいろいろあるけれど、
小心者のわたしは、できる限り、万端の準備をしてから、着手します。
さあ、書きはじめるぞ。
その瞬間、祈るような気持になります。
それは長さにちょびっとは比例していて、長いものになる予定のものは、
なおさらですが、短くても、気持ちは同じみたいです。


どうぞ、原稿用紙のうえで、自分の気持ちが結実してくれますように。
主人公の思いを描き切るだけの力が、自分の中にきちんとありますように。

準備は足りてるか、思いは足りてるか、覚悟は足りてるか。
確認していく時間なのかもしれないです。
どれかが欠けても、書けないので(^▽^;)

はあ。緊張中。



テーマ:児童文学 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。